フェイスリフトでたるみ改善┃整形で叶う自然なアンチエイジング

美容

痩せること

美容整形

女性はなかなか脂肪を落とすことが難しい生き物です。自分でダイエットを成功させようと頑張っても、これだけではかなり厳しいです。そんな人におすすめなのが、美容外科の脂肪吸引です。神戸在住ならこの地域には多くの美容外科があります。

詳細を確認する...

シワの目立たない顔に

糸を通して引っ張る方法

女性

フェイスリフトとは、顔の皮膚を上方向に引っ張り上げて固定することで、シワやたるみを目立ちにくくする美容整形術です。従来はフェイスリフトは、引っ張り上げた皮膚を耳の後ろなどに縫いつけて、余分な皮膚をメスで切除するという方法でおこなわれていました。しかし現在では、皮膚の内部に糸を通しながら引っ張り上げるという方法のフェイスリフトが多くおこなわれるようになっています。一方向にギュッと引っ張り上げるのではなく、糸を通しながら細かく引っ張り上げるため、より自然な仕上がりになるからです。また、メスでの切除がおこなわれないので、ダウンタイムが短いというメリットもあります。そのためこの方法でのフェイスリフトは、今後どんどん注目度が高まっていくと予想されています。
皮膚の内部に通す糸には、複数の種類があり、それぞれ使用した場合の効果が異なっています。コグと呼ばれている突起がついている糸の場合、コグが肌の内部の組織に引っかかることで、より細かく引っ張り上げることが可能になります。そのため引きつれる心配が少なく、表情もスムーズに作ることができる点がメリットです。コラーゲンでできている糸の場合、肌の内部で徐々に溶けていくため、数ヶ月ほどでなくなります。その分安全性が高いですし、なおかつコラーゲンですから溶けて吸収されることで、美肌効果も出てきます。また、金でできた糸もあるのですが、これは肌の内部で溶けずに残り、半永久的に肌に刺激を与え続けます。その刺激により線維芽細胞が活性化され、みずみずしい肌が維持されやすくなります。このように、どの糸を選んだ場合でも、異なる美容効果を得ることができるのです。

シワのメカニズムと対処

まずシワとは後天的にできた皮膚の溝のことです。キメと言うものも寄付の水音、その溝によって区切られている紋様のことですが.キメが年齢にに関係なくほぼ常時均一にあるのに対して、 シワは年齢とともに増えていき、特定の場所に集中し目立ってきます。それに対してたるみとは、年齢を重ねていくに従って皮膚の針は失われていくことにより困ってしまうふくらみのことです。発生する場所は顔の中では口元や頬の下、などに発生し、具体的な症状としては頬が下がってきたり、目尻が下がってきたり目の下が膨らんできたりします。このようなシワやたるみの原因は皮膚自体の問題による原因と表情の筋肉の動きなどが原因の場合があります。目の下のシワやたるみの原因が寄付自体の問題による原因の場合には、紫外線が当たりすぎが原因であったり、あるいはストレスにより活性酸素が増加し、結果としてコラーゲンやヒアルロン酸の生成を阻害してしまうことが原因であることが少なくありません。
目の下のシワやたるみの治療法としては表情の筋肉を魅惑するために靭帯の位置をずらすような手術をするか、コラーゲンやヒアルロン酸を増やすというような方法を取ります。
美容皮膚科等での具体的な治療法としてはカクテル注射やメソリフト、プラセンタの点滴、 αリポ酸の投与を行ったりえん、他にも減少した。ヒアルロン酸を補てんするためのヒアルロン酸注入やカクテル注射やボトックなどが行われます。このような治療法することで、目の下のシワやたるみは約6ヶ月程度で効果が表れてくるといわれています。目の下のシワやたるみはそのまま放っておくとますます大きくなる傾向にあるため、年齢の印象が老けて見えてしまうため、できるだけ早く対処した方がよいでしょう。

アフターケアが大切

フェイスリフト等のプチ整形は体に負担をかけにくく、メスなどを入れることもないのでダウンタイムといった痛みや腫れ、赤味などが出にくいです。しかしだからと言って施術を受けてはい終わりと言うわけにはいかないのがプチ整形です。プチ整形であっても施術後はやはりきちんとしたアフターケアが必要になり、どれだけきちんとアフターケアを徹底できるのかによって馴染みの早さなどが大きく変わってきます。どういったプチ整形を行うのかによってアフターケアの仕方は違ってきますが、だからこそ施術を検討する際はアフターケアのことも含めて考えて行くことが大切だと言えるでしょう。
プチ整形のアフターケアの仕方については美容外科で施術を受けた際に合わせて教えてもらうことができますが、ものによっては期間を置いて通院が必要になるものもあります。また、基本的に負担はないと言っても、ケアの仕方が悪かったり、体調不良が重なったりすると痛みや腫れが出てくることも稀にですが起こり得ます。美容外科を選ぶ時はそういった突然の事態にもしっかり対応してもらえるか、サポートが充実しているかどうかと言うところを見た上で選びたいところです。さほど心配する必要はないとはいえ、いざと言う時の事にもしっかり手が回るような、そういった美容外科の方がぐっと安心して頼れると言うものです。おざなりにしがちですが、アフターケアの大切さについてはしっかりと頭に入れておきましょう。

女性と肌の悩み

医者

ほとんどの女性が悩んでいるといわれるほうれい線を消すには、エクササイズやマッサージといった方法があります。経済的に余裕がある場合はヒアルロン酸注入やリフトアップといった整形という選択肢もあり、今後は整形がより手軽に試せるようになるでしょう。

詳細を確認する...